新築祝いのタブー

基本的に、「火」を連想させるものは良くないといわれています。

コンロ、燭台、ストーブ、置物のライターなど。
最近では、おしゃれなアロマキャンドルもありますが、そういったものはタブーです。
火事をも連想させてしまうものになります。


また、贈り物の色にも注意が必要です。
赤い色は火を連想させるという意味で、避けた方が無難です。

新築祝いの相場

新築祝いとしては、親しい間柄ならば現金を贈ってもよいでしょう。
でも、会社の上司や、目上の方に対しての新築祝いには現金は失礼に当たりますので注意してください。

新築祝いの相場としては、親しい友人ならば10000円、身内ならば30000円が相場となります。

新築祝いの相場は、地域によっても違うこともありますので、施工したその土地の工務店などに聞くのも良いでしょう。

また袋は紅白の蝶結びの水引きとします。
祝御新築、祝御完成、御祝などとします。

新築祝いに迷ったら

新しい家やマンションを購入すると自体が、一生の内にあるかないかの出来事ですから、新築祝いは出来るだけみんなで祝ってあげたいものですね。

新築祝い等の贈り物は、相手のこともあるので、何を贈るかが難しいところです。

贈る品物が重なったり、相手の趣味にあわないなどがありますからね。また、新築の家の大きさや雰囲気なども考慮すると、なかなかむつかしいものです。
身近な人の場合は、相手の好みを事前に聞くのが良いでしょう。

聞けない場合でも新居に招待されてから、新築の家を見て、あとで贈ってもかまいません。その時、訪問の際にはお菓子などの手みやげを持参し、お祝いは後ほどあらためて贈る旨伝えておけばいいでしょう。

喜ばれる新築祝を贈ってあげてください。


新築祝い

新築祝いって、何しますか?

私の周りにも、新築で家を建てたやつとか、マンション買ったやつとかいますが、呼ばれなかったので、新築祝いしてないんですよね(笑)

まぁ、今度は自分でマンション買う身なので、新築祝いをされる側になるんですけど、いったい新築祝って何が嬉しいんだろう。

個人的な意見としては・・・

時計、観葉植物、置物などの、残るものは新築祝いとしていやだな。

新築祝いで嬉しいのは、お金かな(笑)
ご祝儀が良いね。


でも、送る側からすると、新築祝は、後に残るのを選ぶだろうな。


まぁ、知り合いには、事前に欲しい者を伝えておくとするか。
それを新築祝いでもらおう。

それが賢いやり方かも。

新築祝い

新築祝いや引越祝いにもいろいろあるけど、最近びっくりしたのは、光触媒造花。

文部科学省のサイエンスウォーカーでも掲載されたという、光で消臭する優れものらしい。

新築祝いといえばインテリアとして使える植物も歩けど、新築や引っ越した家には、合うものと合わないものがあるから考え物です。

でも光触媒の造花なら、水をやる必要がないので新築祝いに良いかも。

どんな造花なのか心配だけど、新築祝いだからといって、普通じゃないのは困りもの。

新築祝いといっても普通の贈り物が喜ばれると思います。

新築祝いのお返し

新築祝いのお返しも考え物ですね。

お祝いの品は、ショッピングサイトなどを利用されるのも、お手軽で便利です。
なにより、欲しい物を自分で選べる自由さが受けています。
新築祝いのお返しの金額の相場も、お祝い金の金額相当になります。

また、新築祝いのお返しは、新築披露にお招きした方には不要です。

ご招待できない場合には、もらった新築祝いの1/2〜1/3程度の品物を新築祝のお返しとして贈るのが良いでしょう。



新築祝い

新築祝いは決まりましたか?

新築祝は、専門のサイトで決めるのが、手間がかからず便利ですね。

特に新築祝いは、手のかからない観葉植物や、傘立て、花瓶、ラグマットなどが多く、大きく、重たいものも多いです。

そんな場合の新築祝いには、通信販売を利用するのも、一つの手ですね。

相手の希望を聞いて、欲しい物を贈ると喜ばれます。

格安通販サイトをご利用下さい。

新築祝

引っ越しの季節、転勤、新入学での転居、はたまた新居を建てての転居。
あなたの周りにたくさんおられませんか?

家を購入することは、人生の中でも結婚と並んで大きなイベントですね。

念願の一軒家やマンションなど、ご友人や知人が購入・新築された際には、新築祝いをしてあげましょう。

新築祝の相場

新築祝は、親しい間柄ならば現金を贈ってもよいでしょう。

新築祝のお祝い金は、勤務先関係や友人知人なら5000円程度。
お世話になった方や身内ならば1万〜3万円が相場とされています。

紅白の蝶結びの水引きで、「祝御新築」「祝御完成」または「御祝」と書きます。

新築祝のお祝い品は、招待されたときに持参するか、招かれた後にその家に合う物を選んで贈ります。先にお祝いを贈ってしまうと、お返しに新居に招待しなければと相手が負担に思われるかもしれません。

新築祝いには、観葉植物やインテリア雑貨、時計、かさ立て、花びんなどが一般的です。

招待された当日には、花や菓子などを持参し、相手の希望を聞いて後に新たに贈られるといいでしょう。

「ストーブ」や「灰皿」「ライター」など、火事を連想させる赤いものを贈るのはタブーとされていますのでご注意下さい。

新築祝のお返し

新築祝いのお返しは、新築披露の時にお招きした方には不要です。

ご招待できない場合には、もらった新築祝いの1/2〜1/3程度の品物を新築祝のお返しとして贈ります。


お祝いの品は、ショッピングサイトなどを利用されるのも、お手軽で便利ですよ。

その場合の相場も、お祝い金の金額相当になります。